HOME > ナチュラルフード/bosch(ボッシュ) > ドッグフード > ハイプレミアム +(プラス)

bosch(ボッシュ)ハイプレミアム +(プラス)

 

消化不良、アレルギー症の犬向け製品

 

パピー

たくさんの愛犬たちが消化不良、アレルギー症に悩みを抱えています。消化器系障害、アレルギー症の原因はさまざまであり、症状もさまざまです。皮膚のかゆみ、赤みに悩まされたりする愛犬、胃腸が弱い愛犬、嘔吐、下痢に悩まされている愛犬など。その際に体の免疫システムは通常、肉や魚、穀物や乳製品に含まれる特定のタンパク質と闘おうとします。

愛犬に消化不良やアレルギーの症状がみられる場合には、『何が』その症状を引き起こしているのか、調べることが必要です。従来の低アレルギーといわれる食物には学術的にも安全なメソッドであるとわかっており、度々行われる血液検査でも常に擬陽性の結果がもたらされています。

愛犬がどの食物にアレルギー反応を起こしているかわかっている場合には、その成分が入っていないフードを与えることが必要です。

適切な食事療法は『単一成分』と呼ばれる、使用されているタンパク質源の種類を減らし、的確な給餌をすることが有効です。そして、可能な限りアレルギー反応が出たことのないタンパク質源を使用すべきです。敏感な愛犬は、特にグルテンを含んだ穀物に反応を示します。
同じ炭水化物源であるジャガイモは、グルテンが含まれていない為、反応することはありません。すべての栄養生理学的な観点が、新しいコンセプトである『+(プラス)シリーズ』の基盤となっています。


【新しいプラスラインの特徴 】

消化のよい、単一タンパク質が基本となった新しいペットフードです
一番の特徴として、プラスラインの製品には『1種類』の優れた高品質の動物性タンパク質源が含まれています。この製品には、他の製品で使用されているような動物性タンパク源である『乳製品』『卵』は含まれていません。さらにすべてのプラスラインの製品には『穀物』が含まれておりません。穀物の代わりの炭水化物源として、高品質且つ、高い消化性を持ったジャガイモが使用されています。アレルギーの低減を突き詰め、フードに含まれるタンパク質源をひとつに絞って作られています。


当社の新しいプラス製品には、フードに敏感な愛犬たちのために特別に開発されました。
特にフードを上手く消化できない愛犬や、アレルギー症の愛犬に適しています。

◆単一成分のタンパク質源:マス、鴨 ◆穀物不使用(グルテンフリー) ◆主の炭水化物源としてのジャガイモ


ハイプレミアムPlus+ マス&ポテト(グルテンフリー)


パピー
粒の大きさ
分析値:360Kcal/100g
粗タンパク質 21.00% 粗脂肪 12.00%
粗繊維 3.50% 粗灰分 6.50%
カルシウム 1.10% リン 0.90%
ナトリウム 0.30% カリウム 0.60%
マグネシウム 0.10% 水分 10.00%

〈bosch特別栄養プログラムアイコン〉

通常活動犬・消化不良・アレルギー症・総合栄養食

価 格 ( 税 込 )
1.0kg 2,916円
2.5kg 5,616円

   プラスアダルトマス&ポテトは健康を考慮した全犬種成犬のための単一タンパク質をバランスよく配合されたフードです。
特に消化不良やアレルギー症状に悩むフードに敏感な愛犬に適しています。マスは非常に高品質なタンパク質源で、大変消化のよいジャガイモと合わせることでとても美味しくなり、穀物を含んでいないので消化性に優れたグルテンフリーのフードです。さらにオメガ 3 と 6 脂肪酸が皮膚と美しい被毛の形成に重要な役割を果たし、グルコサミン、コンドロイチンを配合していますので愛犬の軟骨、関節をサポートします。

〈原材料〉
ジャガイモ(ドライ 45%)、新鮮なマス(12.5%)、マス粉(12.5%)、エンドウ豆(ドライ)、ビートパルプ(糖分除去)、鶏脂、 ジャガイモタンパク質、加水分解タンパク質(植物性)、第二リン酸カルシウム、酵母(ドライ・βグルカン)、魚油(1%)、チコリパウダー(0.1%)、グルコサミン、コンドロイチン硫酸

   使用されている原材料は人間が食する安全性が保証された自然素材を使用しています。

kg/ビタミン
ビタミンA 12.000I.U. ビタミンD3 1.200I.U.
ビタミンE 70mg ビタミンB1 10mg
ビタミンB2 10mg ビタミンB6 6mg
ビタミンB12 30mcg ビオチン 250mcg
パントテン酸 20mg ナイアシン 40mg
葉酸 2mg ビタミンC 70mg
塩化コリン 1.650mg

kg/微量栄養素
145mg 亜鉛(酸化亜鉛) 70mg
亜鉛キレート 75mg 10mg
ヨウ素 2mg セレン 0.20mg
コバルト 0.20mg マンガン 20mg

1日必要摂取量
犬の体重 1日あたりg 犬の体重 1日あたりg
2.5~5.0kg 55~90g 25.0~30.0kg 305~350g
5.0~7.5kg 90~125g 30.0~35.0kg 350~395g
7.5~10.0kg 125~155g 35.0~40.0kg 395~435g
10.0~12.5kg 155~180g 40.0~45.0kg 435~475g
12.5~15.0kg 210~235g 45.0~50.0kg 475~515g
15.0~17.5kg 210~235g 50.0~55.0kg 515~550g
17.5~20.0kg 235~260g 55.0~60.0kg 550~590g
20.0~25.0kg 260~305g

▲トップへ戻る


ハイプレミアム Soft+ 鴨&ポテト(グルテンフリー)


パピー
粒の大きさ
分析値:339Kcal/100g
粗タンパク質 22.00% 脂肪 13.50%
粗繊維 2.50% 粗灰分 4.70%
カルシウム 1.10% リン 0.90%
ナトリウム 0.20% カリウム 0.60%
マグネシウム 0.08% 水分 18.00%

〈bosch特別栄養プログラムアイコン〉

消化不良、アレルギー症の犬用総合栄養食

価 格 ( 税 込 )
1kg 2,916円
2.5kg 5,616円

   boschソフトアダルト鴨&ポテトは健康を考慮した単一タンパク質製品で、全犬種成犬用のバランスの取れた健康的なフードです。通常活動犬、消化不良、アレルギー症、フードに敏感な犬に適しています。非常に高品質なタンパク質源である鴨肉(60%以上を含む)が豊富に含まれていますのでグルメな愛犬にも適しています。 さらに穀物を使用せずジャガイモを炭水化物源として使用しているので、消化性に優れたグルテンフリーのフードです。柔らかい粒(水分 18%)なので、老犬や歯の弱っている愛犬にもおすすめです。グルコサミン、コンドロイチンを配合していますので愛犬の軟骨、関節をサポートします。

〈原材料〉
新鮮な鴨(60%)、ジャガイモデンプン、ジャガイモタンパク質(8%)、エンドウ豆(ドライ)、加水分解タンパク質(鴨)、第二リン酸カルシウム、酵母(ドライ・βグルカン)、オオバコ種、セルロース繊維、グルコサミン、コンドロイチン、チコリパウダー(0.2%)、ユッカ(ドライ)

   使用されている原材料は人間が食する安全性が保証された素材を使用しています。

kg/ビタミン
ビタミンA 12.000I.U. ビタミンD3 1.200I.U.
ビタミンE 70mg ビタミンB1 10mg
ビタミンB2 10mg ビタミンB6 6mg
ビタミンB12 40mcg ビオチン 350mcg
パントテン酸 20mg ナイアシン 40mg
葉酸 2mg ビタミンC 80mg
塩化コリン 1.350mg

kg/微量栄養素
130mg 亜鉛(酸化亜鉛) 70mg
亜鉛キレート 25mg 10mg
ヨウ素 2mg セレン 0.20mg
コバルト 0.20mg マンガン 3mg

1日必要摂取量
犬の体重 1日あたりg 犬の体重 1日あたりg
2.5~5.0kg 55~95g 25.0~30.0kg 325~370g
5.0~7.5kg 95~130g 30.0~35.0kg 370~415g
7.5~10.0kg 130~165g 35.0~40.0kg 415~460g
10.0~12.5kg 165~190g 40.0~45.0kg 460~500g
12.5~15.0kg 190~220g 45.0~50.0kg 500~545g
15.0~17.5kg 220~245g 50.0~55.0kg 545~585g
17.5~20.0kg 245~275g 55.0~60.0kg 585~625g
20.0~25.0kg 275~325g

▲トップへ戻る

フードに敏感な愛犬に給餌する場合


フードに敏感な愛犬の場合、フードの切り替えには十分に注意をしてください。特に胃腸が敏感な愛犬には、ストレスや刺激にならないように4~7日間をかけて様子を見ながら行ってください。
その際は今までのフードに新しいフードを少しずつ置き換えて、その割合を徐々に増やしながら切り替えをしてください。

フードの切り替え後、アレルギー症状や食物過敏症に対して変化があるまでに数日~数週間かかることもあります。

胃腸の問題に関しては通常では数日で変化が見られます。

被毛や皮膚の問題に関しては被毛、皮膚が新しくなるサイクルに時間がかかるため、変化があるまでに数週間ほどかかります。

 

プラスラインは通常の活動的な成犬用として作られましたが愛犬が1日に必要とするフード量は様々な要因によって変わります。年齢、体重、運動量などを見て給餌量を決める必要があります。

非常に運動量の多い愛犬にはフードを増量し(1日あたり50%まで増量)、老犬や肥満の愛犬には減量して与える(1日あたり20%まで減量)など給餌量をコントロールでき愛犬のベスト体重の維持が容易になります。

▲トップへ戻る